毎日の疲れを笑いで飛ばしてくれる大阪のホストのタイプ

サイトマップ

茶色いジャンパーの男性

ホストという仕事

黄色い服の男性

皆さん、ホストと聞けばどんなイメージを持っていますか?夜、お酒或いは稼いでそう。そんなイメージがあるかも知れません。今日は、そんなホストについてのお話です。ホストは接客業ですが、顧客を主に女性に限定した世界です。すると、自ずと接客内容と言うのは、顧客満足度を上げ、利益率を上げ、リピーターになってもらうという事です。確かに表面だけ見ればそうなります。実は他にも色々する必要があります。例えば、ホストと言えばスーツにカッコ良い髪型と言うイメージはありませんか?
当然実費です。盛り上げてお客様を満足させるトーク力や気配りが必要不可欠な仕事でもあります。ここまでだと面白くて気配りできる唯のイケメンですが、そういう事だけではありません。お酒を飲む機会が多いので、偶に肝臓の病になったなんて言う話も耳にします。仕事の時間が夜なので昼夜逆転してしまったり。体を酷使する事は間違いありません。何だか体育会系にも聞こえますよね。実際夜の仕事ですので、人の層は確かに違う気はします。
これはキャバクラでもよく聞く事かも知れませんが、イケメンが指名をもらう分けではありません。お客様がリピーターになり得る人かどうかを見極める技術や、求められているサービスは何かを素早く察する力が必要になります。そういった意味では寧ろ勤勉であり続ける必要がある職業でもあるのです。如何でしたか?何かの参考になりましたか?僕から言えるアドバイスは、地域や場所、人間関係に大きく左右されると言う事です。接客業ですから、自分に無理をしてしまう訳にもいきません。一見華やかな世界の裏には弛まぬ努力と研鑽があるものです。

TOP